ここ数年、豊胸手術を受けられる方が増えてきています。豊胸手術にはいくつかの手法があり、その一つ一つで仕上がり具合や問題点も違ってきます。ここで大切なのは、その女性の状態・体・希望に合わせた手術が行わなければならないという事です。手術直後の形はもちろん、年を経ても美しく自然なバストでなくてはなりません。アイエス美容クリニックではこの点に重点をおき、美しく自然なバストをめざしていきます。

アイエス美容クリニックでは仕上がりの確実性やナチュラル度、永続性、安全性などの観点から主にバッグ挿入法をおすすめしております。(ものすごくやせていたり胸郭などの変形などでどうしてもバッグ挿入法が適さない場合は、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法を行う場合もあります。)

豊胸バッグをワキから筋膜下または乳腺下に挿入します。

※他院の再手術などの場合によっては、乳房下縁や乳輪から切開していく場合もあります。

私が思うに、最も理想的(または生理的)にバストが大きくなるには、乳腺そのものを大きくすることで、それには、よりバッグと元々の乳腺が一体化する乳腺下法がよいと思われます。

しかし現実には、豊胸を希望される方は元々の乳腺量が少なく(バストが小さい)、やせておられる方が多いので、バッグの輪郭が目立ってしまうような場合も少なくありません。

そのような方には、筋膜下法の方がバッグ上部辺縁を筋膜がおおってくれるので、輪郭をわかりにくくしてくれます(下部はあまりかわらない)。

逆に適度に乳腺量がありそれほどやせていない方は、自分の乳腺や皮下脂肪がバッグをおおってくれるので、乳腺下法のほうが適しているように思われます。 ちなみに当院では筋膜下8割、乳腺下2割で筋膜下を多く行っております。

  1. まずはご希望される方のバスト、体型などを正確に診断
  2. 挿入部位を決定し、その方に合ったバッグを選択する
  3. 挿入スペースの広さ(剥離の範囲)をデザイン
  4. 乳腺・大胸筋などの組織を傷つけず、デザインによった正確な剥離
  5. 完璧な麻酔

以上すべてがしっかり行われて、初めて理想のバストをつくることができます。

麻酔 当院では麻酔専門医による全身麻酔で行います
ワキのしわにそって約4cm
腫れ 1週間
術後ケア マッサージは必要ありません
ブラジャー 1~2ヶ月はスポーツブラ
  • 被膜拘縮は手術の際、組織を傷つけたり出血を多くおこさせたりすると起こる可能性が 高くなります。(完璧に行われてもまれになることもある)
  • 現在フランス等で問題になっているPIP製造のバッグは、当院では使用して おりませんのでご安心ください。

当院ではすべてのメーカーのバッグを取り扱っております。患者さまの希望の大きさや形、患者さまの体型などを考慮し、最も適するバッグを決定します。

同じ大きさ・容量でもいろいろな形があります。当院では 3, 5, 6 を使うことが多いです。ご希望があればどのようなメーカーのバッグも取り寄せることができます。ただしメーカーによっては形の種類が少ないものもありますので、そのときはメーカーよりもサイズや形を優先させて決めさせていただきます。

アイエス美容クリニックでは豊胸を受ける方のバスト・体型のパターンを主にA~Eの5つのパターンに分けて考えています。これから豊胸をの手術をやってみたいと思われる人は、以下のA~Eのパターンを参考にしていただき、ご自分のバストの仕上がりをイメージしていただけたらと思います。

【タイプA】 体型普通、現在A~Bカップの方

Aカップ→Dカップ ●アナトミカルバッグ195cc使用 自分の希望以上の仕上がりに大満足!!

【タイプA】 体型普通、現在A~Bカップの方

Bカップ→Dカップ ●ラウンドバッグ200cc使用 見た目も感触も本物みたいで誰にも気づかれていないそうです。

【タイプB】 体型普通、現在Aカップ or Aカップ以下の方

Aカップ→Cカップ ●アナトミカルバッグ200cc使用 やや控え目ですがきれいなバストですね。

【タイプB】 体型普通、現在Aカップ or Aカップ以下の方

Aカップ→Dカップ ●ラウンドバッグ220cc 体格に合う、ちょうど良い大きさになりました。

【タイプC】 痩せ型、現在Aカップ or Aカップ以下の方

Aカップ以下→Cカップ ●アナトミカルバッグ200cc使用 痩せ型で難しい体型の方もこんなに自然になります。このタイプはアナトミカルバッグが良いでしょう。

【タイプC】 痩せ型、現在Aカップ or Aカップ以下の方

Aカップ以下→Dカップ ●アナトミカルバッグ225cc使用 授乳後のしぼんでしまった胸も以前のようなハリのある胸に戻りました。

【タイプD】 ガッチリ体型の方

Bカップ→Eカップ ●ラウンドバッグ210cc使用 ラウンドバッグを入れるとおわん型のキレイな胸になります。このタイプはバッグの選択を誤るとかなり不自然になってしまうので注意しなければなりません。

アイエス美容クリニックでは手術に抵抗のある方、胸郭の形がバッグ挿入法に適していない方などにはヒアルロン酸注入による豊胸術も行っております。詳しくは気軽に お問い合わせ ください。

バッグ挿入法

ユーロシリコン社製 ラウンドタイプ 700,000円
アナトミカルタイプ 700,000円
マクギャン社製 ラウンドタイプ 700,000円
アナトミカルタイプ 700,000円
メンター社製 ラウンドタイプ 700,000円
アナトミカルタイプ 700,000円

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入 7,500円

乳房が下垂し、張りのなくなってしまった方は乳房吊りあげ術により、昔のようなバストを取り戻す事ができます。

上図のように乳輪周囲の皮膚を切除し巾着状に縮め皮ふを細かく縫い合わせます。

切開したところで色の変わり目がつきます。 時間と共にやわらぎますが、手術前のような状態までは戻りません。

傷:10~12日後に抜糸します。 腫れ:2~3日ほどかかります。

【タイプE】 バストが垂れてしまっている方

Bさん(59才) 乳房吊り上げ術により、下を向いてしまっていた乳頭の位置が修正されました。

【タイプE】 バストが垂れてしまっている方

Aさん(41才) 垂れてしまっている人にバッグを入れたら絶対にダメです。乳房吊り上げ術により、こんなに自然に引き上がった感じになります。

しぼんでしまっていて(萎縮)張りがない場合は、豊胸術(バッグ挿入法)で改善されることが多いです。ただし、明らかに下垂がある方にバッグ挿入法を行ってしまうと、乳頭が下を向き乳房上部が不自然に盛り上がってしまうバストになってしまうので、その場合はつり上げ術を行い3ヶ月以上経ってからバッグの手術をするのが良いでしょう。当院では下垂がある方でどうしても豊胸をご希望の方には、脂肪注入法やヒアルロン酸注入を行います。

陥没乳頭の原因は乳管の発育障害などによるものです。アイエス美容クリニックでは患者さまの重度や、将来の授乳の可能性などを考慮した方法を行っております。

乳頭基部上をZ上に切開し内部に糸を通して固定します。乳管を温存するため授乳には全く影響ありません。
傷:乳頭基部にわずか。ほとんど目立ちません。わずかに再発の可能性があります。

再発症例や重度の場合は乳頭中央を切開して行うやり方もあります。

Z形成内固定法 300,000円
切開法 350,000円

大きすぎる乳頭は乳頭縮小術により小さく自然な形にすることができます。

直径の調節

高さの調節

術後の大きさ(直径・高さ)と形を考えて切除を行います。乳管を温存するため授乳には全く影響ありません。

傷:ほとんど目立ちません。表皮のみを切除してその部分をもぐらせることにより、低くします。

乳頭縮小 300,000円

大きすぎる乳輪は切開手術により、理想的な大きさにすることができます。

乳輪基部でドーナツ状に皮膚を切開して縮小します。

傷:乳頭基部に少し色のかわり目がつきます。乳房の下垂がある場合は、乳房つり上げ術(乳輪周囲切開)でつり上げと同時に乳輪も縮小することができます。(※下垂参照)

乳頭縮小 400,000円
ご相談・お問い合わせは

岐阜院
058-264-0177   058-264-0177 電話

一宮院
0586-72-8277   0586-72-8277 電話

(Tel受付時間 10:00~18:30)


または
É こちらのメールフォームで
í
up